断腸の思い

「断腸の思い」の意味ははらわたがちぎれるほどの悲しさ・辛さを味わっているということです。そのため、断腸の思いの使い方は何かを断る場合に使うことが多いです。上司からのZOOM飲みを断ったことを他人に伝えなければいけない場合、本当は行きたいけど、用事があるから仕方なくいけない感を出すために「断腸の思い」という一言を入れると印象が良くなります。

例文
来週の飲み会なのですが家庭内の事情により断腸の思いで断りました

あいにく

「あいにく」の意味合いは期待、目的、予想などにそぐわない様子です。「あいにく」の使い方は残念なことに、残念ながらということを婉曲に伝えながらもなんとかあなたの希望に添えたらいいのにという感を出すことができます。

例文
あいにくですが、来週の水曜日は先約がございまして…申し訳ございません。

襟を正す

「襟を正す」の意味は気持ちを引き締め直して物事に当たることです。「襟を正す」の使い方は仕事で失敗し上司に迷惑をかけた場合などに反省し次からは気をつけてより一層仕事に邁進しますというニュアンスを出すです。

例文
過去の失敗を内省し、襟を正して次の会議に望みたい所存です。